アクア

03-3910-2411
アクアブログ

アクアブログ
改修工事

ビルエントランスの補修工事


こんにちはニコニコ

このところ寒くて台風、とうとう暖房スイッチ入れてしまいましたべーっだ!

寒くなって恋しくなるのが、鍋や煮込み料理ですよね。
肉を煮込むとどうしてもアクが出ますが、
アクは取り除いた方が美味しくなるそうですよ。
雑味が減って、旨味が増すらしいです。
コツはチビチビでなく、一気に取るべし!
お試しあれ~ニコニコ

さて、今回はこのアク絡みでビル改修工事をご紹介します。

墨田区のオフィスビルです。

<1>施工前
1_施工前
高級感のあるエントランスですが、劣化のため床タイルが浮いてしまい、そこから水が入り込んで出口からエフロレッセンスという建物の「アク」がでてしまったケースです。

<2>エフロレッセンスが確認できます。
2_エフロ
【エフロレッセンス】
壁面内部のモルタルコンクリート中に含まれるアルカリ成分が水に溶け出し、外部に流れ出て白く結晶化したものをいいます。壁面内部へ雨水等の水分が侵入しているというひとつの目安になります。※2015年4月17日ブログ記事「【建築基準法】定期調査報告とは」参照

<3>タイル浮部エポキシ樹脂注入のためドリルにて穿孔
3_タイル浮部エポキシ樹脂注入ドリル穿孔

<4>エアダスターにて穿孔部清掃
4_穿孔部清掃エアダスター

<5>エポキシ樹脂注入
5_エポキシ樹脂注入

<6>注入部穴埋め
6_注入部穴埋め

<7>エフロレッセンスのクリーニングをします。アクとりですね。洗剤塗布。
7_エフロクリーニング洗剤塗布

<8>清掃
8_清掃

<9>蹴込部(床面の側面)クラックタイル撤去
9_蹴込部クラックタイル撤去

<10>躯体クラック(ひび割れ)の確認を丁寧にしていきます。クラックは見受けられませんでした。
10_躯体クラックの確認

<11>タイル張替です。既存タイルを撤去。
11_タイル張替既存タイル撤去

<12>タイル下地作成
12_タイル下地作成

<13>タイル下地状況
13_タイル下地状況

<14>新規タイルを貼っていきます。
14_新規タイル張り

<15>完了です。ピカピカ合格
15_新規タイル張り完了

工期はおよそ、注入に2日間、張替に2日間の合計4日間でした。

水漏れの心配もなくなり、きれいに輝く高級感がよみがえりました。
エントランスの補修など、ビル改修のご相談はアクアまでどうぞニコニコ


お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-3910-2411