アクア

03-3910-2411
工事期間中の安全環境対策

安全・環境に配慮した
工事を行います

安全・環境に配慮した工事を行います

建物の改修、修繕工事は居住空間を改善します。しかし工事自体、特に施工期間中は騒音、臭いなど建物の利用者、居住者に負担がかかります。また工事によっては、ゴミや粉塵など周囲の環境に与える影響も考慮する必要があります。アクアでは、こうした環境問題に配慮した様々な取り組みを行ってきました。特に病院などの医療機関での実績も多くあり、その経験を活かした施工を行っています。

「かぶせ工法」のススメ

改修工事の際に、古くてダメになってしまった部分を撤去して、もう一度やり直す方法と、ダメになった部分を補修してその上からカバーしてきれいにする方法(かぶせ工法)があります。

撤去を伴う工事の場合の撤去の工程が入ると以下のような問題が発生します。

  • 1. 時間がかかる(工期が長くなる)
  • 2. ゴミ(産業廃棄物)が大量に出る=処分費用がかかる
  • 3. 騒音が出る

かぶせ工法は、問題のある個所のみを取り除いたり補修した上で、その上から新しい層を作るため、上記のような問題がほとんどありません。
屋上防水工事、外壁改修工事など施工面積が広い箇所ほど効果があります。

「かぶせ工法」のススメ

有害化学物質を含まない材料

工事中の塗料や防水材の臭いが嫌だという方は多いはず。また内装は引き渡し後も臭いやシックハウス症候群など、化学物質の人体への影響も気になります。
アクアでは環境対応型の材料の使用をご提案しています。

有害化学物質を含まない材料

騒音対策

工事中の塗料や防水材の臭いが嫌だという方は多いはず。また内装は引き渡し後も臭いやシックハウス症候群など、化学物質の人体への影響も気になります。アクアでは環境対応型の材料の使用をご提案しています。

  • 1. 撤去しない

    既存の撤去がやはり一番音が出ます。
    できるだけ撤去しないことが音を出さない工事となります。

  • 2. 撤去する場合はできるだけ音を出さない

    撤去をしなくてはならない場合、音を出さない工夫をします。
    超音波ではつるなど音の少ない機械を使った撤去を行っています。

  • 3. どうしても音が出る場合は時間帯で調整

    それでも音が出る場合は、音を出す時間帯を決めてその中で工事を行います。

あらかじめ利用者及び周辺のみなさんに周知することで、クレームを減らします。

超音波を使ったはつり器具

超音波を使ったはつり器具

工事期間中の安全・防犯対策

工事中は足場が組まれたり、工事関係者など知らない人の出入りが増え、利用者にとっては不安になりがちで、防犯への配慮が必要です。アクアでは工事期間中もできるだけ安心して生活していただけるように様々な工夫をしています。

  • 黒の養生シート

    黒の養生シートは人影が
    よく見えるため防犯性高

  • アサガオ設置

    落下物の防止に
    アサガオ設置

  • お揃いのベスト

    スタッフは必ず
    お揃いのベストを着ています

サービスの流れ
安全衛生協力会

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-3910-2411