アクア

03-3910-2411
耐震ドア取り換え工事
「たすかるドア」

玄関ドアの
地震対策していますか?
耐震ドア工事

玄関ドアの地震対策していますか?耐震ドア工事

直下型地震対応耐震通風ドア「たすかるドア」は扉の中にもう1枚避難扉がある玄関ドアです。通常の玄関ドアは激しい揺れで扉や枠がゆがんでしまった場合開けることができなくなってしまいますが「たすかるドア」は扉がゆがんでも避難扉から避難可能、避難後も施錠できます。また避難扉は換気窓としても使用でき、ウィルス対策も。交換工事は最短で約2時間で可能です。

地震の時その玄関ドアで
大丈夫ですか?

首都直下型地震や南海トラフ巨大地震などの巨大地震が今後30年以内に70%の確率で発生すると言われています。直下型地震における激しい縦揺れによる家屋の倒壊や火災。南海トラフ巨大地震における10mを超える津波の襲来。これらの地震災害に巻き込まれないためにも地震発生後の早急な避難が重要とされています。しかし巨大地震の場合、発生した激しい揺れで変形を起こした玄関ドアが、避難の妨げとなり閉じ込められてしまう危険性があります。

一般的な地震の場合

一般的な地震の場合

始めに小さな縦揺れ、徐々に大きな横揺れに。
建物やドアは斜め方向からの変形の力を受けます。

直下型地震の場合

直下型地震の場合

突き上げるような激しい縦揺れから小さい横揺れに。
建物やドアは上下方向からの変形の力を受けます。

直下型地震の被害から命を守るために

  • 激しい縦揺れ
  • 建物へのダメージ大
  • 火災が発生しやすい

地震、特に直下型地震に対応した「たすかるドア」は、地震の際の玄関ドアによる様々な被害を防ぐために開発された「直下型地震対応耐震通風ドア」です。

「たすかるドア」

直下型地震が起きたときの実際の被害

玄関ドアは非難口として確保したいですが、突然やってくる災害にその場での対応は難しいことも。直下型地震の場合は特に激しい揺れのため以下のような被害が多く報告されています。

  • 扉の変形

    扉の変形

    枠が激しくゆがみ、開閉にかなりの力が必要となり、お子さんや高齢者は非難が難しくなります。

  • 閉じ込め

    閉じ込め

    直下型地震では縦揺れのために扉自体が開閉不能になる可能性があります。

  • 鍵の変形

    鍵の変形

    大きな地震の場合、扉と一緒にカギも変形して壊れ、ドアが開かなくなります。

  • 再施錠できない

    再施錠できない

    変形した扉は一度開けたら閉まらなくなり、再施錠ができず、避難中の空き巣被害の可能性も。

「たすかるドア」はいざという時に命を守る耐震ドアです。

従来型の耐震ドアは横揺れのみに対応していました。その弱点は、直下型地震による激しい縦揺れ。横揺れの地震の場合は斜め方向からの力がかかりますが、直下型地震の場合は上下方向からの力がかかります。従来の耐震ドアではバネの入った蝶番で揺れによる歪みを吸収し、枠と扉の摩擦を軽減することで扉を開けることができるようになっています。しかし枠が上下の変形を起こすと開閉不能となってしまう問題がありました。

「たすかるドア」はこれらの問題を新しい発想で解決した耐震玄関ドアです。

「たすかるドア」はいざという時に命を守る耐震ドアです。

とじ込めからたすかる

  • 「たすかるドア」は扉全体に変形を吸収するクラッシュブルゾーンがあり、避難口にかかる変形を少なくできるため、簡単に非難ができます。
  • 扉がゆがんでしまっても避難口は普通のドアを開けるのと同じ軽い力で開けることができます。
とじ込めからたすかる

火事場泥棒からたすかる

  • 「たすかるドア」は扉がゆがんでも自由に開閉でき、外から施錠もできるので、避難の際の「火事場泥棒(避難時の空き巣)」による被害を防止できます。
  • 避難用扉も内側からダブルロックでき、通常利用時の防犯面も安心です。
火事場泥棒からたすかる

換気ができてたすかる

  • 避難口を換気窓として使用することができ、ウィルス対策やクーラー症の対策ができます。
  • 避難口には網戸と侵入防止用の格子と鍵がついています(※開けたままの外出はしないでください)
換気ができてたすかる

「たすかるドア」の取り付け・交換方法は2通りから

耐震ドアに付け替える場合も、通常の玄関ドアの更新と同じで、特別な工事は不要です。「たすかるドア」は壁を壊さずに交換でき、騒音も少なく、工事にかかる費用も抑えて導入できます。
今の玄関ドア自体が古く壊れそうなものだったり、また隙間風や雨水が入ってくるような状態でしたら、「たすかるドア」に変更することで、普段の生活の防犯性能や機能もアップします。

カバー工法

もともとあるドアの枠をカバーするように新しい枠を取り付けてドアを交換する工法です。コストを抑え短い時間で取り付けできます。

取り付け工事中の住居者の負担を軽減します。
  • 壁を壊さず交換可能
  • 工事の騒音が少ない
  • 約2時間で設置可能
  • ステップ01
  • ステップ02
  • ステップ03
  • ステップ04
  • ステップ05

扉交換工法

既存の枠はもちろん、ドアハンドルなどの金物を再利用し、本体扉のみを交換する工法です。金物を再利用できるので、短時間かつ低コストでの交換が可能です。

※築10~25年の比較的新しい集合住宅で可能です。適用できるかどうかは確認必要ですので、お問い合わせください。

新しいマンションにおすすめ
  • 比較的築年数の浅いマンションにオススメできる工法です。
    既に扉を従来型の耐震ドアに更新しているマンションでも、低コストで「たすかるドア」に取り換えが可能です。
  • ステップ01

    金物の取り外し

  • ステップ02

    扉の釣り替え

  • ステップ03

    再利用した金物の取付

  • ステップ04

「たすかるドア」はデザインも選べます

デザインは自由にカスタム可能、カラーは全17色から選べます。

デザイン例

  • デザイン例01
  • デザイン例02
  • デザイン例03
  • デザイン例04
  • デザイン例05
  • ワイドブラウン
  • ワイドダークブラウン
  • メロウワイン
  • メタリックメロウワイン
  • メタリックムースブラウン
  • メタリックゴールド
  • メタリックアイビーグリーン
  • メタリックアイアンブルー
  • ムースブラウン
  • ナイトシルバー
  • コットンアイボリー
  • アッシュローズ
  • アイビーグリーン
  • アイアンブルー
  • メタリックシルバー
  • スモークグレー
  • ワイドゴールド
耐震工事
IPH工法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-3910-2411